2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

京都オープンスタジオ2010:田中英行展「空宙の∞~忘却の果ての歴史α~」

2010年03月15日号

会期:2010/02/11~2010/02/28

AAS[京都府]

こちらも最終日の駆け込みになってしまった。京都オープンスタジオ2010の参加スタジオのひとつAAS。Antennaというグループがたちあげたアートスペースなのだが、制作だけでなく企画展を開催するスペースとしても使用している場所なのだとこの時初めて知った。今回はAntennaのメンバー、田中英行の個展を開催。1階には、森の大木の周りに集まる動物たちをイメージした、廃材を用いたインスタレーション。飛行機と思われる過去の立体作品を破壊するパフォーマンスの映像も合わせて上映されていた。定かではないが、作品の素材はこの旧作の破片で構成されているようだった。増殖するイメージ、そして破壊と再生のプロセスを見ていると切ない気分にもなっていくが、その果敢なさまにも打たれる気分。見に行ってよかった。

2010/02/28(日)(酒井千穂)

2010年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ