2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

高須健市 展──SURFACE

2010年03月15日号

会期:2010/02/02~2010/02/14

neutron kyoto[京都府]

芸術センターからneutronで開催中の高須健市展へ。誰の目にも明らかな有名ブランドのモノグラムの型が張り巡らされていた。床にはそこらじゅうに破砕したチラシや雑誌などの印刷物がまるで落ち葉のように散らばっている。素材にしたものは拾ってきた「ゴミ」なのだそう。素材の性質のせいか一見するとサラッとした軽薄な印象もあるのだが、よくみると、そのパターンの色彩や配置間隔のバランスがすごい! 地道な仕事ぶりと展示の徹底ぶりが消費社会の構造と虚しさをいっそう鋭く突きつける。その皮肉はじつに解りやすくも痛快でチャーミングだった。

2010/02/09(火)(酒井千穂)

2010年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ