2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

ボルゲーゼ美術館展

2010年03月15日号

会期:2010/01/16~2010/04/04

東京都美術館[東京都]

ボルゲーゼ枢機卿の集めたコレクション展だけに、圧倒的に宗教画が多い。もう見慣れたはずなのに、魚に説教する聖アントニオとか、聖痕を受ける聖フランチェスコとか、人妻の裸をのぞき見る老人たちとかを見ると、あらためてなんとウサンくさい宗教なんだろうと思う。だからおもしろいのだが。ほかに同展の見どころは、マルチェッロ・プロヴェンツァーレによる美しいモザイク、アルキータ・リッチによる《支倉常長像》だ。とりわけ慶長遣欧使節の団長を描いた後者は、初めて油彩画で表わされた日本人の公式肖像画ではないか。白い絹地に金糸で動植物を刺繍した着物が伊達だ。つーか、彼らを派遣したのは伊達政宗だもんね。

2010/02/16(火)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00007265.json l 1212925

2010年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ