松野純子「解放」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

松野純子「解放」

2013年10月15日号

会期:2013/09/24~2013/09/29

アートスペース虹[京都府]

紙に墨を落として拭き取った後、その灰色のシミや無数にできた斑点の輪郭を極細のペンで繊細になぞって描いた作品が数点展示されていた。近づくと緻密な作業がよくわかるのだが、一見、模様のように見えるそれらの画面はじっと見つめているとまるで壮大な宇宙空間にも見えてくるから面白い。気の遠くなるような仕事ぶりに感心というよりも感動を覚えた。それぞれの作品は、紙や墨などの素材も種類の異なるもので一点ずつの表情も違う。画面に吸い込まれていくような感覚も覚えるのだが、離れて見ると拡散し広がっていくイメージであるのが不思議で魅力的な作品だった。

2013/09/29(日)(酒井千穂)

2013年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ