2019年07月01日号
次回7月16日更新予定

artscapeレビュー

西川茂 展「in between」

2011年06月15日号

会期:2011/05/10~2011/05/29

neutron kyoto[京都府]

neutron kyotoでの最後の展覧会となった西川茂展。40cm×40cmの画面が縦横に並列する壁面は、それぞれに色彩が異なり、遠目にもそれらの構成によるグラデーションが美しいのだが、至近距離で見ると一枚ずつにトンボやヘリコプターが描かれているのが確認できる。これは《world》と題されたシリーズで、世界の国と地域の数、203を目指して描き続けている空なのだという。会場の奥には、画面の上下に描かれた異なる風景がひとつの空でつながっているというイメージの作品。過去の時間といま、離れた場所と場所をつなぎ、もっと遠い世界やまだ体験していない時間へと連想を掻き立てる広大無辺の空は、それらの境界についてもあれこれと思いを巡らせるものであり、これでひとつの時間の区切りをつけるneutronの活動にも重なるようだった。

2011/05/15(日)(酒井千穂)

2011年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ