2019年09月15日号
次回9月17日更新予定

artscapeレビュー

トーキョー・ストーリー2010

2011年06月15日号

会期:2011/04/28~2011/05/28

トーキョーワンダーサイト本郷[東京都]

TWSのレジデンス・プログラムで海外から招聘されたり海外に派遣されたりしたアーティストの活動紹介。渋谷、青山でもやってるが、ここ(本郷)が11人でいちばん多い。もっとも笑えたのは岩井優の映像とインスタレーション。まず、仮設壁を丸くぶち抜いた穴を通って向こう側に出ると、赤い照明のもと3本の映像が映し出されている。その1本は、君が代が流れるなか男女が廃屋の床を布で拭いているもので、タイトルは《フラッグ・クリーニング》。なぜ旗のクリーニングなんだろうと思ったら、最後に床を拭いた布を広げると日本と台湾の国旗だったというオチ。これは台湾に派遣された岩井が、現地に残る古い日本住宅を舞台に制作した作品だという。そして帰りに壁の穴をくぐり抜けて振り返ったとき、初めて気がついた。白い壁をぶち抜いた穴が日の丸になっていることを。これは村田真賞だ。

2011/05/10(火)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00012924.json l 10004185

2011年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ