2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

アール・デコの女性と装飾

2012年04月01日号

会期:2012/02/04~2012/04/01

川崎市市民ミュージアム[神奈川県]

のちにアール・デコ様式の時代と呼ばれる1920年代と30年代のポスター芸術に焦点を当てた収蔵品展である。とくに印象的なのは、ムーラン・ルージュの踊り子ミスタンゲット(Mistinguett, 1873-1956)を描いたポスター。シャルル・ジェスマール(Charles Gesmar, 1900-1928)が描いたミスタンゲットの巨大なポスター(1928年、314×113cm)は少女漫画を彷彿とさせる華やかさ[図]。このときミスタンゲットは55歳。少女のようなその姿は、絵画ゆえの誇張ではなく、実際にも年齢を感じさせないパワフルなダンス、チャーミングな表情で人々を魅了していたという。ジェスマールはミスタンゲットのお気に入りのデザイナーで、多数のポスターのほか、彼女のステージ衣装も手掛けていた。1928年にジェスマールが急死したあと、他のデザイナーたちがジェスマールの様式を引き継いでミスタンゲットのポスターを制作してゆく。本展にはジェスマールが手掛けた作品3点と、他のデザイナーが手掛けた作品6点のミスタンゲットのポスターが出品されている。一人の女性を描いたポスターを並べることで、作家による違いにとどまらず、アール・デコ様式の内包する多様性と共通性を比較してみることができる。[新川徳彦]

画像提供=川崎市市民ミュージアム

2012/03/17(土)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00016294.json l 10025509

2012年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ