2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

井川優子 展

2009年10月15日号

会期:2009/09/01~2009/09/06

アートスペース虹[京都府]

まる一日かけて定点撮影した遊園地の観覧車。その写真コピーをちぎり、アームの部分が一本の線になるように張り合わせた作品が、ガラス戸の入口をのぞく壁面をぐるりと一周するように展示されていた。撮影時間順につなぎあわされているため、朝から夕暮れまでの空の微妙な変化もうかがえる。模様のようにも見えるが、その緩やかな色の変化とリズミカルなイメージが音符が並ぶ楽譜を思わせるし、「時間」を切り取り、イメージを構成するという作品は実際に音楽みたいだ。ほかに、スイカや人参の表面を撮影した写真をつなぎ合わせて一本の線にした作品もあった。教えられなければ、どこかの高原の地平線を写した風景写真のようにしか見えない。前回は、地図の島の海岸線部分を切り取ってつなぎ合わせ、架空の「島」に作り替えていた井川。空想を拡げながらちまちまとした手元の作業にひとり没頭する作家の姿が眼に浮かぶ。彼女の作品は、なによりそれがいつも楽しい。

2009/09/06(日)(酒井千穂)

2009年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ