2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

児玉靖枝 展「深韻II」

2009年10月15日号

会期:2009/09/07~2009/09/19

Oギャラリーeyes[大阪府]

《深韻》というシリーズの最新作を発表。展示作品はどれも、水面に映る光景を描いたものだが、暗い森の木々の間を通り抜けるような微妙な光線、温度や周囲一帯の湿度の感触など、作家が目にし、感受したその風景を追体験するような感覚を覚えた。現実と幻の入り混じった、映像を見ているような気持ちにもなる底知れない奥行きを感じる。深く沈んでゆくような色の豊かな表情が美しく、タイトルを反芻するように余韻に浸った。ちなみに児玉さんは現在開催中の神戸ビエンナーレ招待作家展「Link──しなやかな逸脱」(兵庫県立美術館、10/3~11/23)に出品中。まるで画面の奥から音が聞こえてくるかのような作品が並ぶ。

2009/09/11(金)(酒井千穂)

2009年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ