2021年06月01日号
次回6月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:長井朋子 展「木枯らしと、こんこ」

2010年12月15日号

会期:2010/12/17~2011/02/05

小山登美夫ギャラリー京都+TKGエディションズ京都[京都府]

子鹿や熊、猫などの動物や架空の生きもの、少女といったモチーフを色とりどりに画面に散りばめ、空想的世界を描く長井朋子の個展。下描きすることなく制作される作品の画材は、パステルや色鉛筆、水彩、油彩など描く対象に合わせて選ばれる。壁画やインスタレーションによっても構成されるという今展、さまざまなマチエールが響き合う空間でどんな物語世界が広がるのか、楽しみだ。12月17日にはアーティストトークも開催される。

図版=長井朋子《ririan》2010
oil, acrylic on canvas、130.2×194.2 cm
©Tomoko Nagai Courtesy of Tomio Koyama Gallery

2010/12/15(水)(酒井千穂)

2010年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ