2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

坂本夏子 新作展「Still Life」

2012年11月15日号

会期:2012/10/11~2012/11/10

ケンジタキギャラリー/東京[東京都]

坂本夏子というと、遠近法的にちょっと歪んだ格子状の空間に数人の人物がいる絵(と書いて河原温の「浴室」シリーズを思い出した)の人かと思ったら、今回は違った。暗い背景に青灰色で不定形のイメージをザワザワと描いている。風景にも群像にも静物にも見えるがそのいずれでもなく、かといって抽象と呼ぶにはモノの気配が残る。タイトルは「Still Life」なので静物に基づいたイメージなのだろう。以前よりいちだん深みに入り込んだ印象があるが、これは深化(進化)なのかどうか。

2012/10/16(火)(村田真)

2012年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ