毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

日下部一司 展

2014年02月15日号

twitterでつぶやく

会期:2014/01/06~2014/01/18

Oギャラリーeyes[大阪府]

カメラの円形ファインダーを覗くイメージで丸く切り取られた写真や飛行機が印刷された切手を「引き縮め」したというとても小さな写真、ストライプの生地を五角形のパネルに張りつけ平行線の歪みを示した作品、樹脂塗料が琥珀色に盛り上がり平面が歪む鏡、いびつな器に箸を添えたオブジェなど、じっと見ているといろいろな連想に誘われていく展示作品が並んでいた日下部一司展。普段「こういうもの」と措定してしまうものの存在感や意味、それらのイメージという認識に働きかける、さりげないウィットと発想が愉快で楽しくつい長居した。寒くて縮こまる身体と鈍った頭にも刺激が与えられ、活力が戻った気分にもなったのが嬉しく、アートって素敵だとあらためて思った展覧会。

2014/01/18(土)(酒井千穂)

▲ページの先頭へ

2014年02月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)