2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り

2014年02月15日号

twitterでつぶやく

会期:2014/01/18~2014/03/23

宮城県美術館[宮城県]

宮城県美のミュシャ展へ。東京で見逃したが、想像以上に面白かった。やはり、ファイン・アートとして凄いわけではないが、今日の大衆的な商業主義(ポスターや広告、アイドルの図像、あるいは映画的な絵づくり)、大文字の歴史とナショナリズムとアート(晩年のスラヴ叙事詩)を考えるうえで、ミュシャは実に興味深い作家である。またアール・ヌーヴォーの時代における人物を囲むアーチ型のフレームも様式化され、建築的だった。

2014/01/30(木)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00024383.json l 10096432

2014年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ