毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

フジフィルム・オンリー・ワン・フォトコレクション展

2014年02月15日号

twitterでつぶやく

会期:2014/01/17~2014/02/05

フジフィルム スクエア[東京都]

富士フィルム株式会社の創立80周年を記念して、日本を代表する写真家たち101人の作品を収集するというのが「フジフィルム・オンリー・ワン・フォトコレクション」。そのプロジェクトが完了したのを記念して、収集作品展が東京・六本木のフジフィルム スクエアで開催された。
幕末に来日して横浜を拠点に日本各地を撮影したフェリーチェ・ベアトの「長崎、中島川」(1865年頃)から、鬼海弘雄の「浅草ポートレート」のシリーズより選ばれた「歳の祝いの日」(2001)まで、101点の作品が並ぶとなかなか見応えがある。この種のコレクションは、誰がどのようにやっても偏りが出てくるものだ。今回も明治~昭和初期の写真家たちと、1990年代以降に登場してきた写真家たちの層が、どうしても薄くなっているように感じた。逆に言えば、「日本写真」がしっかりと確立した1960~70年代の作品はとても充実している。現存の写真家たちは、ほとんどが自分自身で作品を選んだそうだが、彼らがそれぞれのスタイルを確立した時期の作品を残しているのが興味深い。写真作家の自意識が、選出作品に滲み出ているということだろう。いずれにしても短期間に収集作業を行なった山崎信氏(フォトクラシック)をはじめとするスタッフの方たちには、ご苦労様と申し上げたい。
むしろ、このコレクションをこれからどう活かしていくのかが問題になるのではないだろうか。教育的な価値の高いこれらの写真を、なるべくいろいろな場所で展示していってほしいものだ。

2014/01/19(日)(飯沢耕太郎)

▲ページの先頭へ

2014年02月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)