2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

日常/オフレコ

2014年02月15日号

twitterでつぶやく

会期:2014/01/11~2014/01/30

KAAT 神奈川芸術劇場[神奈川県]

KAATの「日常/オフレコ」展へ。普段は劇場として接している中スタジオが、展示スペースに変貌した。控室、シャワー、搬出入口など、通常は入ることができないバックヤードにも作品が点在し、めぐることで空間の体験を楽しめる。モノの表皮を削る青田真也のピアノやレコード、八木良太の音と映像のインスタレーション、被災した工場をアニメでトレースする佐藤雅晴、漆黒の巨大日本画による梶岡俊幸のインスタレーション、天井から大量のドアを吊るす安藤由佳子。5名のアーティストが、劇場のあちこちのスペースを巧みに使い、KAATの日常を読み替え、知られざる場を白日のもとにさらす。

2014/01/28(火)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00024500.json l 10096427

2014年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ