2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

シンポジウム「震災後の芸術と環境、東北の未来」

2014年02月15日号

twitterでつぶやく

早稲田大学文学部33号館3階第1会議室[東京都]

早稲田大学のシンポジウム「震災後の芸術と環境、東北の未来」に登壇する。第一部の基調講演は、東北学の赤坂憲雄が、岡本太郎による太陽の塔を事例に挙げながら、妄想をキーワードに、無用・無償であるがゆえのアートの可能性を指摘し、震災後に行なわれるみちのくアート巡礼88ヶ所の夢を語る。第二部では、五十嵐が震災後の芸術と建築、あいちトリエンナーレ、相馬千秋が震災後の3回のフェスティバル・トーキョーの内容を紹介した。第三部のディスカッションでは、宗教的なものの可能性が話題になった。

2014/01/26(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2014年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ