毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

深瀬昌久「救いようのないエゴイスト」

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/05/29~2015/08/14

DIESEL ART GALLERY[東京都]

深瀬昌久は2012年に78歳で亡くなった。1992年に事故で倒れて以来、ずっと療養生活を送っていたのだが、ついに社会復帰はかなわなかったのだ。その間、深瀬の作品の管理は「深瀬昌久エステート」がおこなってきたが、複雑な事情を抱えて機能不全に陥っていたため、展覧会や写真集の出版などの活動も途絶えがちになっていた。深瀬の没後、遺族の元にネガとプリントがいったん返却されることになり、準備期間を経て、その管理団体としてあらためて発足したのが「合同会社深瀬昌久アーカイブス」である。今回、東京・渋谷のDIESEL ARTGALLERYで開催された「救いようのないエゴイスト」展は、そのお披露目として開催されたものだ。
展示は「屠」(1963年)、「烏・夢遊飛行」(1980年)、「家族」(1971年~89年)、「私景」(1990~91年)、「ブクブク」(1991年)、「猫」(1974~90年)の6部構成、82点。代表作だけでなく、カラー多重露光による「烏」シリーズの異色作「烏・夢遊飛行」や、のびやかなカメラワークが楽しめる「猫」など、ほぼ未発表の作品も並んでいる。今回の展示のタイトルである「救いようのないエゴイスト」というのは、「アーカイブス」のメンバーでもある深瀬の元夫人、深瀬洋子(現姓は三好)が『カメラ毎日』別冊『写真家100人 顔と作品』(1973年)に書いたエッセイに由来する。だが逆に「エゴイスト」に徹することで、ここまで凄みのある作品に到達できたことがよくわかった。
「深瀬昌久アーカイブス」は、今後展示活動だけでなく、出版なども積極的におこなっていくという。今回の展示にあわせて、SUPER LABOから写真集『屠』が、roshin booksから猫の写真集『Wonderful Days』が刊行された。海外での展示も、今年のアルル国際写真フェスティバル、来年のテート・モダンでのグループ展参加などが決まっている。深瀬昌久の作品世界が、若い世代を含めて、より大きな広がりを持って受け入れられていくことを期待したい。

2015/06/17(水)(飯沢耕太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)