2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

原田賢幸×山田裕介「あったもの。なくなったもの。おもいだせないもの。」

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/06~2015/06/28

高架下スタジオ・サイトAギャラリー[神奈川県]

ふたりの作品が混在しているが、全体でひとつの作品というわけではなさそうだ。原田は冷蔵庫の上半分を台の上に載せ、時間が来るとドアが開き、4カ所のスピーカから間延びした声が聞こえてくるというインスタレーション。山田は計4点の出品で、サイズも形も異なる4枚の鏡を壁から少し離して吊るし、モーターでわずかに動かしたり、壁に窓をつくって奥にモニターを仕掛け、映像を流したりしている。なにかおもしろそうなんだが、作品に没入する以前にコードが見えたり、窓枠が少しズレてたりするところが気になってしまう。この仕上がりの甘さこそ山田が大物であることの証かもしれないが。

2015/06/16(火)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00031443.json l 10112977

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ