2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

蔡國強──火薬ドローイング制作

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/19~2015/06/19

横浜美術館[神奈川県]

7月11日から横浜美術館で始まる「蔡國強:帰去来」展に先駆けて、蔡さんの公開制作が行なわれた。といっても画材が火薬なので、厳重な管理のもと限られた人しか立ち会えないクローズドなパフォーマンスなのだ。場所は美術館中央の吹き抜けのグランドギャラリー。オルセー美術館を意識したとおぼしきこの大空間、かねてよりグランドギャラリーとは名ばかりの空間の無駄づかいと感じていたが、今回初めて有効活用できたのではないか。1階の床に養生し、その上に紙や火薬や不燃材を何層にも重ね、その回りを蔡さん以下数十人のスタッフが取り囲んでるが、なかなか始まらない。両側の階段には観客(横浜市、メディア、美術関係者など)が陣取り、2階からは作業服のおっさんたち(消防関係か?)がいまかいまかと見守っている。1時間ほど待たされてようやく蔡さんがチャッカマンで点火! したと思ったらパパパンと一瞬で終了。白煙が立ちこめるなか、上から1枚ずつはがしていくと、爆発跡の黒く焦げた線がミミズクかネコみたいな動物の輪郭として現われた。これはエントランスの正面奥に展示される予定だそうだ。しかし美術館の内部が煙だらけになるというのも、これが最初で最後のことだろう。


爆発直後、右に立つのが蔡國強

2015/06/19(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00031456.json l 10112979

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ