2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

スター・ウォーズ展

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/04/29~2015/06/28

東京シティビュー[東京都]

シリーズの衣装や小道具もあるが、ハイライトは、ジョージ・ルーカスが世界中のアーティストに対し「スター・ウォーズ」にインスピレーションを得て描くよう依頼したという絵画。大半がキャンバスに油彩またはアクリルで、写真を見て描いてるせいかスーパーリアルなイラスト風が多い。舞台設定は未来というか宇宙なのに描き方は古典的、というギャップがおもしろい。敵味方が入り乱れる戦闘シーンは、飛び道具こそハイテクだが、構図は昔ながらの戦争画を踏襲している。おまけに年代ものの額縁までついていて、とてもキッチュだ。ケッサクは、デュシャンの《階段を下りる裸婦》をロボットに置き換えたジョン・マットスの《階段を下りるC-3PO》、若き日のジャバに会えるC.F.ペインの《ジャバ・ザ・ハット:高校の同窓会》。この後、札幌芸術の森美術館、愛媛県美術館、静岡市美術館などを巡回するという。公立美術館でやるなよ。

2015/06/24(水)(村田真)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ