2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

水田寛 展「日課」

2013年06月15日号

会期:2013/05/07~2013/05/19

ギャラリー恵風[京都府]

水田寛の油彩画とドローイング。わりと小さめの作品が多数展示されていた。鉄棒にぶら下がってスカートもめくれた子どもの姿が映り込む水面、水中で水を蹴って泳ぐ人の足(の裏)、真上から見た自転車のボディなど、多くは身近なものをモチーフにしており色も多彩なのだが、ものの断片や風景が入り混じるような、距離感やスケール感、図と地の境界もはっきりとは判別できない画面構成で、何が描かれているのだろうといちいち凝視してしまう。しかし、そうして画面を注視しているうちに愉快な作品世界に引き込まれていくからニクい。私は水田のドローイングの展示をこんなにまとめて見たのは初めてだったのだが、会場には過去のドローイングをたくさん収納したファイルも置かれていて堪能できた。

2013/05/16(木)(酒井千穂)

2013年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ