2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

小平雅尋「他なるもの」

2013年06月15日号

会期:2013/05/27~2013/06/08

表参道画廊[東京都]

小平雅尋は1972年、東京生まれ。97年に東京造形大学造形学部の写真コースを卒業後、写真家としてのあり方を静かに、だが着実に探求し続けてきた。2011年に刊行された写真集『ローレンツ氏の蝶』(シンメトリー)は、その成果を問うたもので、「不断に続けられる世界との細やかな対話の中で紡ぎだされてきたイメージ群」(増田玲)が、端正なモノクローム写真として提示されていた。
今回の「他なるもの」は、その『ローレンツ氏の蝶』の収録作品、及び同時期に撮影されていたアナザーカットによって構成されている。身近な東京の光景から、沖縄や隠岐島までを含むかなり広い範囲で撮影されており、内容的にも風景、昆虫や植物、自分の影を映し込んだ作品まで幅が広い。だが、そこには小平が世界に向ける眼差しのあり方がしっかりと定着されており、揺るぎない一貫性が感じられる。彼の写真の世界が、堂々とした風格を備えて確立してきた証といえるだろう。
タイトルの「他なるもの」というのは、ドイツの宗教哲学者ルドルフ・オットーの『聖なるもの』(1917)のなかの「全く他なるもの」という言葉からとったもので、「この世界に無防備に曝されているという、外界に対する強い畏れの感覚と、同時に現れる恍惚」を指す。このような宗教的な概念について、以前は警戒心が強かったのだが、「あの震災」以降に心に響くようになったという。たしかにこのシリーズには、畏れと恍惚が共存している趣がある。そしてそれは小平にとって、写真を撮るという行為を内から支える根源的な感情でもあるのではないだろうか。

2013/05/30(木)(飯沢耕太郎)

2013年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ