2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

濱田祐史「Pulsar + Primal Mountain」

2013年06月15日号

会期:2013/05/07~2013/06/29

フォト・ギャラリー・インターナショナル[東京都]

濱田祐史は1979年大阪府生まれ。日本大学芸術学部写真学科を2003年に卒業後、出版社勤務を経てイギリスに滞在し、本格的に写真家としての活動を開始する。東京での初個展となる今回の展示には、「Pulsar」と「Primal Mountain」という2作品が出品された。
「Pulsar」は身近にある光を可視化しようとする作品。風景の一部(かなり大きなパートを占めることもある)に射し込む光が、スモークの効果で、幾筋かの光束、あるいは光のプールのような状態として見える様子が、繊細に仕上げられたカラープリントに定着されている。たまたま公園で撮影していたときに、ブランコを漕いでいた少女が「この光はどこからくるの?」と呟いたのを聞いたのが、制作のきっかけになったという。「Primal Mountain」は銀紙のようなもので架空の山の形をつくり、それらを、空を背景として撮影した連作である。こちらはある日友達から、「美しいけれど何やら嘘っぽく」感じる山のポストカードが届いたことから思いついたプロジェクトだ。
両方とも発想の妙があり、それを形にしていく手際も悪くない。だが、どこか綺麗ごとに終わってしまっているところが、なんとも歯がゆく感じてしまう。作品としてすっきりとまとめるのを優先するよりも、もう少しもがいてほしいとも思う。写真家としての潜在能力はかなり高そうなので、それは決して無い物ねだりではないはずだ。

2013/05/31(金)(飯沢耕太郎)

2013年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ