2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

小原里美「SWEDEN」

2013年06月15日号

会期:2013/05/27~2013/06/09

ギャラリー蒼穹舍[東京都]

小原里美は1999~2001年頃に写真新世紀に出品していたのだが、その頃は主にコラージュ作品を制作していた。細かい手仕事の、装飾的な画面をよく覚えている。ところが、その後モノクロームのスナップショットを主に発表するようになった。こちらはとても正統的というか、東京ビジュアルアーツで師事した森山大道の影響の色濃い、くっきりとしたコントラスト、大胆なフレーミングの作風で、その落差にずっと違和感を覚えてきた。
今回の「SWEDEN」の連作(蒼穹舍から同名の写真集も刊行)は、2006年から5回ほどスウェーデンを訪ねて撮影したもので、スナップショットとしての完成度は、以前にくらべて格段に上がっている。それだけではなく、元々小原が備えていた画面の構築力、コラージュ的に事物を配置していく能力の高さが、自然体で発揮されるようになってきているのではないだろうか。スウェーデンに通うきっかけになったのは、彼女の姉が結婚して移り住んだためで、「そこに暮らす私の家族」や親戚たちの暮らしぶりが写り込んでくることで、写真に単なる旅行者の視点ではない厚みが生じてきた。人、街、自然の絡み合いが、綴れ織りのように展開していく写真群を、気持ちよく目で追うことができた。
こうなると小原の視覚的体験は、彼女がずっとこだわり続けてきたモノクロームの世界にはおさまり切れなくなってきているのではないかとも感じる。彼女のコラージュ作品はカラフルな原色の世界だった。カラー写真の「SWEDEN」をぜひ見てみたいものだ。

2013/05/28(火)(飯沢耕太郎)

2013年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ