2020年04月01日号
次回4月15日更新予定

artscapeレビュー

2015年04月15日号のレビュー/プレビュー

JIA東北住宅大賞2014 第2次審査《牛飼いの家》

会期:2015/03/09~2015/03/11

[福島県]

郡山に移動し、さらに車で1時間弱の農村集落へ。三瓶一壽による《牛飼いの家》を見学する。敷地内のしだれ桜越しに阿武隈山系の移ヶ岳を望む、地方ならではの住宅だ。牛舎、作業小屋などに囲まれた伝統的な民家の外観だが、陶芸家による棟飾り、墨汁塗布の天井、煤竹の再利用などの意匠を凝らす。

2015/03/09(月)(五十嵐太郎)

JIA東北住宅大賞2014 第2次審査《CAVE》

会期:2015/03/09~2015/03/11

[福島県]

福島の二本松へ。安斎好太郎による《CAVE》を訪れる。祖母から受け継いだ農地に根づくような家だ。傾斜地を削るが、その土を使うワークショップで、日干しレンガをつくって壁として積む。一方、室内は端材を組み合わせた壁で分割しつつ、3つの可動の大きな什器空間がワンルームを仕切る。奥に続く斜めの壁が面白い。

2015/03/09(月)(五十嵐太郎)

JIA東北住宅大賞2014 第2次審査《方木田の家》

会期:2015/03/09~2015/03/11

[福島県]

福島市内の住宅街へ。菊地進による《方木田の家》を見学する。施主が古い建具を大量にコレクションしており、それらを随所に組み込みながら設計されていて、ミュージアムのようでもある。テイストは純和風でもなく、白いピアノを中心に昔の洋館のようなパーツも多く、建築家だけではつくれない独特の雰囲気だった。

2015/03/09(月)(五十嵐太郎)

贋造と模倣の文化史──大ニセモノ博覧会

会期:2015/03/10~2015/05/06

国立歴史民俗博物館[千葉県]

美術館や博物館にとって「ニセモノ」は大きなテーマだが、ホンモノとニセモノは思ったほど白黒つけられるものではなく、両者のあいだにはグレーゾーンが広がってるらしい。だいたいニセモノというのは美術館にとっては最大の敵だが、博物館にとっては強力な味方にもなる。実際、歴博の展示物の約40パーセントはニセモノだという。この場合のニセモノとはレプリカ(模型)のことであり、世界にひとつしかない化石などは広く教育・研究用に役立たせるためレプリカが重宝される。反対に、美術館の敵であるニセモノはおもにフェイク(贋作)を指し、美術館にあったら大問題となる。ほかにもニセモノにはイミテーション(模倣)、コピー(複製)などがあり、必ずしもネガティヴなものばかりではないようだ。同展は「暮らしのなかのフェイク」「コピー・イミテーションの世界」「博物館の『レプリカ』と『コピー』」など5部に分かれ、20-30年前の安南陶器ニセモノ事件をはじめ、「伝雪舟」「伝狩野探幽」のように真作に疑いがある書画、武田信玄や徳川家康の偽文書、浮世絵の海賊版、大学教授もだまされた「ヴュルツブルクの嘘石」と呼ばれるニセモノの化石(のレプリカ)、人魚やオニのミイラ、三葉虫や始祖鳥の化石のレプリカまで幅広く集めている。人魚のミイラはもちろんニセモノだが、明治のころまでにつくられた古いものは民俗学的な価値があり、その意味ではホンモノといえなくはない。とても楽しめる展覧会だが、多くの美術館がだまされて購入し、持て余してるはずの名画の贋作も出ていたらさらに幅が広がっただろう。

2015/03/09(月)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00029782.json s 10109265

JIA東北住宅大賞2014 第2次審査《光の家/Silent water》

会期:2015/03/09~2015/03/11

[青森県]

審査の二日目は、福島ー仙台ーむつと、まずは4時間半近い移動で、松浦良博が設計した《光の家》に向かう。道路側で地面に届かんばかりにおじぎするように折れ曲がる屋根は、風が強い地域において防御しつつ、壁との隙間に独特の場をつくる。室内からは、光、風、雪の情景を反射する水をはった中庭を見せる。

2015/03/10(火)(五十嵐太郎)

2015年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ