2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

細江英公写真展 第1期 鎌鼬

2012年02月15日号

会期:2012/01/06~2012/01/29

BLDギャラリー[東京都]

この1月から5月にかけて細江の仕事を6期に分けて振り返る回顧展。その第1期が「鎌鼬」だが、読めるかな。カマイタチね。舞踏家土方巽を故郷の秋田の農村で撮ったモノクロ写真集で、1970年に芸術選奨文部大臣賞を受賞した不朽の名作。東北を舞台にした土方の奔放なパフォーマンスを細江のカメラが見事にとらえているのだが、写真集はこのふたりだけでなく、ブックデザインの田中一光、文を寄せた瀧口修造や三好豊一郎、そして被写体となった東北の人々の力が結集された空前のコラボレーション作品になっている。ぼくもほしかったけどなかなか手に入らず(たまに古本屋で見かけてもきわめて高価)、たまたま立ち寄った古書市で安く入手。本の価値を知らない古書市というのは、うれしいけど悲しい。数年前には復刻版も出ている。出品作品は、一辺90センチほどの正方形の黒いパネルにプリントを貼ったもの。周囲に銀が浮き上がっているヴィンテージプリントだ。

2012/01/16(月)(村田真)

2012年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ