2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

ヴァレリオ・オルジャティ展

2012年02月15日号

会期:2011/11/01~2012/01/15

東京国立近代美術館[東京都]

駆け込みで最終日に訪れた。スイスの建築家、ヴァレリオ・オルジャティは、とても知的な展示を行なっている。高台の1/33の模型群と、床に配した図面、映像、実物(部分)、そして彼を触発してきたイメージ。東京都現代美術館の建築展が提示する「これからの感じ」という雰囲気を見せるタイプとは大きく違う。ジョセフ・コスースのコンセプチュアル・アートをほうふつさせるような仕かけが、われわれの思考に「建築」を喚起させる。

2012/01/15(日)(五十嵐太郎)

2012年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ