2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス│2012年2月

2012年02月15日号

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。

深読み! 日本写真の超名作100

著者:飯沢耕太郎
発行日:2012年1月11日
発行所:パイ インターナショナル
定価:2,625円(税込)
サイズ:A4判

artscapeレビューの執筆者でもある、写真批評家・飯沢耕太郎の最新著作。1850年から2011年までの、究極の、絶対に見ておきたい写真101点を収録。彼の手で丁寧に選び取られた「日本写真」の超名作と、それぞれに付された「深読み」が、150年にわたる壮大な写真史の広がりを浮かび上がらせる。



MP1 artist's book Expanded Retina│拡張される網膜

編集:MP1
発行日:2012年1月21日
発行所:BAMBA BOOKS
価格:1,500円(限定500部)
サイズ:A4判

写真を主とした制作活動を行う美術家エグチマサル・藤本涼・横田大輔・吉田和生と、批評家・星野太(表象文化論)によるプロジェクト「MP1」初のアーティストブック。2012年1月21日よりG/P gallery(恵比寿)にて開催された同名の展覧会に合わせての出版された。MP1メンバーと飯沢耕太郎(写真評論家)・後藤繁雄(編集者)・粟田大輔(美術批評)・天野太郎(横浜美術館主席学芸員)との対談、伊藤俊治トークショー等を収録。




地域社会圏主義

著者:山本理顕、上野千鶴子、金子勝、平山洋介、仲俊治+末光弘和+Y-GSA、松行輝昌
発行日:2012年1月10日
発行所:INAX出版
定価:2,415円(税込)
サイズ:182mm×240mm 並製 152頁

高齢者や一人世帯がさらに増えていくすぐそこの未来、私たちは自身の生活とそれを受け止める器である住宅をどのようにイメージし、また獲得していくことができるのか。2010年春に刊行され、話題をよんだ『地域社会圏モデル』から大きく一歩踏み込んで、2015年のリアルな居住像を提案する。上野千鶴子(社会学)、金子勝(経済学)、平山洋介(建築学)との対談も収録。[INAX出版サイトより]


富士幻景──近代日本と富士の病

著者:小原真史
刊行日:2011年12月30日
発行所:IZU PHOTO MUSEUM
価格:3,780円(税込)
サイズ:B5判変、244頁

古来から日本人の崇敬を集めた富士山が、幕末以降の近代化と対外戦争のプロセスの中で国家の山へと変容していく様子を写真や印刷物340点から辿る。IZU PHOTO MUSEUMで2011年に開催された「富士幻景──富士にみる日本人の肖像」展関連書籍。


あなたとわたし わたしとあなた──知的障害者からのメッセージ

文:谷口奈保子
写真:寺澤太郎
発行日:2012年1月23日
発行:小学館
価格:1,470円(税込)
頁数数:63頁

みんな、生きているんだ。──東京・恵比寿で約30年間、知的障害者の生活支援を続けている特定非営利活動法人ぱれっと。そこで、働き、くらし、遊ぶ、知的障害者の人たち。それぞれが人として一生懸命生きている姿を、60点を超える写真から感じ取っていただけたら。そして、障害のあるなしではなく、全ての人があたり前に生きていける社会を考えるための写真絵本です。[小学館サイトより]

2012/02/15(水)(artscape編集部)

artscapeレビュー /relation/e_00013448.json l 10021531

2012年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ