2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

北川貴好「フロアランドスケープ──開き、つないで、閉じていく」

2012年02月15日号

会期:2012/01/14~2012/02/05

アサヒ・アートスクエア[東京都]

あいちトリエンナーレ2010や横浜トリエンナーレ2011に出品した北川も、武蔵野美術大学の建築出身のアーティストである。穴、水、植物を使った、これまでの集大成的な作品だった。ただし、屋外だとラディカルな手法が、室内だと少し違う意味をもつように思えた。個人的には、2フロアを展示に使ったことで、おそらくバックヤードで普段は見られない階段を体験することができたのがよかった。それにしても、しばらく訪れていなかったが、スタルクのスーパードライホールは強力な存在感を放つ。背後に見える東京スカイツリーのように一番高くなくても、純粋にかたちと色だけで、一度見たら忘れられないインパクトをもっている。ここまできたら、バブル期の遺産として長く残って欲しい。しばらく、日本はこういうデザインをつくらなそうだし。

2012/01/27(金)(五十嵐太郎)

2012年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ