2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

トーキョー・ストーリー2014

2014年08月15日号

会期:2014/06/14~2014/07/21

トーキョーワンダーサイト渋谷[東京都]

渋谷のほうでは4組の発表。日本に滞在したパリバルタナ・モハンティは、「アーティストとしてフクシマと関わることはとても難しい」ということを作品化したような映像を制作。そんな作品がおもしろいわけがないのだが、モニターを窓に取りつけたり、吹き抜けの梁の上に水平に置いたり、どこかイジケてるところがカワイかった。同じフクシマでも、小沢剛の部屋はもっと心に染み込んでくる。絵画、ドローイング、写真、そして壁にも言葉が刻印され、中央に据えられたテーブル上には石碑やガラス瓶が置いてある。壁の向こうには牛の死体(ぬいぐるみ)の山。すべてモノクロームに統一され、ウムをいわせぬ説得力がある。昨年フェスティバル/トーキョーで発表された作品の別バージョンらしいが、見逃したのがつくづく残念。

2014/07/05(土)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00026633.json l 10101582

2014年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ