2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」

2014年08月15日号

会期:2014/08/01~2014/11/03

横浜美術館[神奈川県]

仙台からヨコハマトリエンナーレ2014の内覧会に向かう。コンセプトを重視しつつ、ディレクターの森村泰昌の好みを充分に反映した、しっかりした大きな展覧会に仕上がっていた。美術館がメインとなるヨコハマトリエンナーレに比べると、街なか展開や祝祭性も求める、あいちトリエンナーレとの違いが改めてよくわかり、それぞれの位置が明確になったように思われる。ヨコハマトリエンナーレ2014は、物故作家や過去作も多く、全体的に渋いセレクションだが、なぜこれらの作品が選ばれたのかはよくわかる。「華氏451の芸術」というテーマは、決してレトロスペクティブなものではなく、むしろ現在的で、急速に社会が変わっていく日本の現状に対し、大きなメッセージをもちうるはずだと感じた。


展示風景 手前からMoe Nai Ko To Ba《Moe Nai Ko To Ba》、エドワード&ナンシー・キーンホルツ《ビッグ・ダブル・クロス》


展示風景 展示風景 ドラ・ガルシア《華氏451度 1957年版》


展示風景 Temporary Foundation《法と星座 Turn Coat/Court》


展示風景 ヴィム・デルボア《低床トレーラー》

2014/07/31(木)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00027119.json l 10101704

2014年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ