2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

《由利本荘市文化交流館カダーレ》

2014年08月15日号

[秋田県]

秋田の《由利本荘文化交流館カダーレ》を訪問した。物産館も備え、新居千秋がワークショップを繰り返しながら設計した《リアスホール》の発展形となるプロジェクトである。《リアスホール》に比べると、平地にあるため、ホールと図書館が、屈曲する街路的な廊下で向きあい、後者の上にシンボリックなお椀=プラネタリウムがのる構成だ。またホールは演目にあわせて、さまざまに変形するだけでなく、前後の空間と連結することができ、建物全体が通り抜け可能となる。また地域の使い手が自主的に制作している建物紹介の映像も興味深い。《カダーレ》は駅前からも見えるシンボル性をもつが、その一方で正面性をなくすような、ぐにゃっとした輪郭をもつ。これは曲がった道路から決まったのかと思いきや、むしろ用途を複合させるべく、建築家サイドからの提案で道の位置を変えたものらしい。




2014/07/03(木)(五十嵐太郎)

2014年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ