2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

artscapeレビュー

《新潟市秋葉区文化会館》、《新潟市江南区文化会館》

2014年08月15日号

[新潟県]

新津にて、新居千秋による《新潟市秋葉区文化会館》を見学する。スタジアムの跡地につくられたホールであり、その記憶を残すかのように、丸い輪郭をもつ。ぐるぐる屋上のスロープを歩いて登る体験も楽しい。大きな外皮の内部に、コンクリートの壁と天井のホールが入る。ホワイエで天井を見上げると、踊るようにねじれた壁柱がダイナミックだ。未来的な造形からコスプレの人たちが集まる場にもなっているという。隣接する学校の体育館は工事中だが、これも新居のプロジェクトである。続いて、同じく新居による《新潟市江南区文化会館》に向かう。街並みのような十字のストリートを軸に、ホール、公民館、郷土資料館、公民館を複合するプログラムだ。由利本荘のケースと同様、点在していた諸施設をコンパクトにまとめる役割も担う。が、その造形と空間は必ずしもシンプルではなく、冗長性と多様性をもつ。力強い造形と各部の透明感ある相互浸透が、デザインの特徴である。





上記3点《新潟市秋葉区文化会館》




上記2点《新潟市江南区文化会館》

2014/07/04(金)(五十嵐太郎)

2014年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ