2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

七月あたりの堂東さんと桐月さんと宮田さん。

2014年08月15日号

会期:2014/07/29~2014/08/03

ギャラリー恵風[京都府]

版画の3人の作品は、それぞれに個性があるし描いているものも違うのだけど、作品の並びも混ぜてあって、その境界はあいまい。似ているといったら身も蓋もないが(実際似ているのは、人柄なのだろう。たぶん)、淡水と海水が混じり合う場所のような感じで、このまとまりは、ユニットという感覚ともまた違う。ゆるいというのも安易(実際ねこがサッカーしてたりしてゆるいけど)。よく見るとタイトルも「七月あたりの」とぼんやりしてるし、じわじわくる。この感じは……ご近所さんと参加するお祭のような行事感覚に、近い。こういう行事が毎年予定されてるって、やるほうもいくほうも幸せです。来年の7月が楽しみになってきた。

2014/08/03(日)(松永大地)

2014年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ