2019年09月15日号
次回9月17日更新予定

artscapeレビュー

わが愛憎の画家たち──針生一郎と戦後美術

2015年03月15日号

会期:2015/01/31~2015/03/22

宮城県美術館[宮城県]

宮城県美術館「針生一郎と戦後美術」展を鑑賞する。仙台出身の批評家の活動を軸に、展覧会を構成する面白い試みだ。針生のノートや、彼が企画した展覧会の内容なども紹介する。それぞれの絵画のキャプションが、彼の批評から抜粋したものなので、通常の展覧会とは違い、じっくり読み込む楽しみがある。文章こそが、重要な展示になるからだ。全体としては、社会との関わりから切り込む言説なので、具象系の絵画が多い。展示された作品のなかでは、麻生三郎が別格の作家だと思う。

2014/02/12(木)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00029248.json l 10108065

2015年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ