2019年09月15日号
次回9月17日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:縄文と現代vol.3「浸透する器」

2015年03月15日号

会期:2015/04/16~2015/05/16

京都造形芸術大学芸術館[京都府]


京都造形芸術大学所蔵の縄文土器とシルクロードの工芸品、豊原国周の浮世絵が収蔵された博物館・芸術館にて、不定期で開催している縄文土器と現代美術のコラボレーション・シリーズ「縄文と現代」の第3弾。今回は、現代美術家・大西康明による展覧会が開催される。大西の持ち味である、視覚化された空間が圧倒的な存在を見せつける彫刻作品は、縄文土器の持つ悠久の時間と如何に交わり、立ち上がってくるのか、とても興味深い。
※チラシはデータにて。

2015/03/04(水)(松永大地)

2015年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ