2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

黒瀬正剛展 shiroe

2015年03月15日号

会期:2015/01/28~2015/02/08

Millibar Gallery[大阪府]

絵が動き出しそう、というか、ひょっとして動いてはいないだろうか。小さな文字や記号にも見える粒が無数に集まって形や風景となっている。その粒のひとつひとつは、キャンバスにこびりつくようなマチエールで、それが細菌の集合体のように、極小な生命が自然発生したものみたいに見えてくる。キャンバスの上ににじみ出てきた、といったような。作為的なものをあまり感じないランダムさが不思議で魅力的な作品群。

2015/02/06(金)(松永大地)

2015年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ