2019年09月01日号
次回9月17日更新予定

artscapeレビュー

アメリカン・スナイパー

2015年03月15日号

クリント・イーストウッド監督の映画『アメリカン・スナイパー』を見る。「国家」のために、そして戦場で仲間を救うために、異国において160人以上を撃ち殺した精密な殺人機械となる「英雄」的な兵士が、イラクから家族のいる母国の「日常」に戻るたび、人として壊れていく。単純な愛国とも、反戦とも言えない。戦争が人の精神に及ぼす影響を描いた作品である。実話をもとにした映画だが、最後にアメリカに帰国した主人公の身に降りかかる悲劇は、運命の皮肉と言うしかない。

2015/02/27(金)(五十嵐太郎)

2015年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ