2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

牧野智晃「Daydream」

2011年02月15日号

会期:2011/01/12~2011/02/02

B GALLERY[東京都]

牧野智晃のデビュー写真集『TOKYO SOAP OPERA』(フォイル、2005)は、彼の母親の世代の中年女性たちを、その居住空間でわざと大げさなポーズをとらせて撮影するというシリーズだった。彼女たちのどうしようもない自意識過剰ぶりを、やや皮肉を込めてスペクタクルなドラマに仕立て上げたこのシリーズを、今度はニューヨークで2008年に再演したのが「Daydream」である。
前作と比較すると、カメラが中判から4×5インチサイズになったことで、室内のディテールがよりくっきりと写り込んでいる。距離もやや引き気味の写真が多く、「観察する」という態度が強まっているように感じる。それよりも興味深かかったのは、日米の女性たちの「演じる」ことへの意識の差だった。どうしても顔が引きつってしまい、ぎこちなくなりがちな日本の女性たちと比較すると、アメリカの女性たちは堂々とふるまっているように見える。笑うに笑えなかった前作よりも、今回の方が安心して「SOAP OPERA」を楽しめる気がした。ただ、このアイディアをこれ以上いろいろな国で展開しても、バリエーションが増えるだけであまり発展性はないように思える。「中年女性」というテーマそのものは面白いので、何か別なやり方を考えてみてはどうだろうか。写真展にあわせて、瀟洒な装丁の写真集『Daydream』(4×5 SHI NO GO)も刊行されている。

2011/01/18(火)(飯沢耕太郎)

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ