2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

加藤泉──日々に問う

2011年02月15日号

会期:2010/09/18~2011/01/30

彫刻の森美術館 本館ギャラリー[神奈川県]

家族で温泉旅館に来たついでに寄る。彫刻の森はもう10年ぶりくらいか。1階ロビーでは植栽の前にカラフルな木彫が置かれていて、まるでアフリカかニューギニアの工芸品みたい。2階のギャラリーも木彫が中心で、絵画はつけたし程度。やはり彫刻の森美術館だからね。こう見ると絵画が先か彫刻が先かわからなくなるが、でも彼の作品の特異性はイメージにあると思うので、個人的には絵画のほうがおもしろい。子どもは喜ぶか、さもなければ不気味がると思ったら、あまり反応せず。彼らは屋外にある巨大なハンモック状の「ネットの森」で遊んでるほうがいいみたい。やはり子どもは視覚より触覚優先の動物なのだ。彫刻も触覚性重視だけど、触れないからね。それにしても野外彫刻は寒い(作品が「寒い」という意味ではないすよ)。

2011/01/05(水)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00010633.json l 1229734

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ