2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

女子美術大学芸術学部工芸学科 卒業制作展2011「グラセラミックス!」

2011年02月15日号

会期:2011/01/27~2011/02/01

BankART Studio NYK[神奈川県]

工芸科の陶とガラスコースだけだから、グラスとセラミックがミックスして「グラセラミックス!」。「陶ガラス!」じゃカッコ悪いからな。ところで、ぼくが工芸を好きになれない理由は、素材や技法にばかりこだわって思想がなおざりになりがちだからだ。なぜこの素材を用いるのか、なぜこの技法でなければならないのか、その理由が明確にわかる作品、つまり作品自体がみずからのレゾンデートル(存在理由)を語っているような、そういう作品が少ないように思う。もちろん工芸には「用」があり、それ自体を目的としていないのがひとつの答えだろう。しかし「用」だけですまないから工芸なのであってみれば、やはり自己検証は必要だ。「好きだから」「美しいから」という理由だけでつくられても説得力を持たない。というのが、展覧会全体とこの日行なわれたパブトークの印象。

2011/01/31(月)(村田真)

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ