2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

「CHEFS-D’OEUVRE ?」展/博物館建築1937-2014

2011年02月15日号

ポンピドゥー・センター メス[パリ]

「CHEFS-D’OEUVRE?」展 2010年5月12日~2011年1月17日
「博物館建築1937-2014」の展示があるギャラリー2は、2011年11月7日まで

坂茂が設計したメスのポンピドゥー・センターを訪問したが、ロマネスク・リバイバルの駅舎から、フランスとしては垂直性がかなり強めなゴシックの大聖堂まで、普通に街並みの建築のレベルが高いことに驚かされた。ビルバオでも、フランク・O・ゲーリーによるグッゲンハイム美術館だけではなく、普通の建物が都市の底力をもっていて、同じ経験をしたことを思いだす。ポンピドゥーは新しい街のランドマークにもなると同時に、そこから街の風景を眺めるギャラリーチューブを張りだしている。
オープニング展は、4フロアともに異なる方法によって、ホワイトキューブを崩す、意欲的な展示空間を演出していた。3階では、近代美術館(1937)以降の、フランスの美術館の特集展示を開催しており、ラストのゼロ年代はSANAAのルーヴル・ランス分館、坂茂のポンピドゥー、隈研吾のマルセイユのプロジェクトが続く(三名とも慶応大学で教鞭をとっていた)。フランスにおいて、日本人の建築家が高く評価されていることがうかがえるだろう。4階では、アンドレ・マルローが美術の写真を切り貼りしたブックコレクションや、モダニズムの関連書籍を展示していた。また、ヒッチコック『めまい』とデ・パルマ『殺しのドレス』と、そのポストモダン的引用、Brice Dellsperger「ボディ・ダブル 15」の映像を紹介しており、これらを見ながら、ジム・ジャームッシュの映画『リミッツ・オブ・コントロール』の美術館シーンと『めまい』の類似に気づく。

2011/01/03(月)(五十嵐太郎)

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ