2022年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

鬼塚勝也 ART展:RED CORNER「グローブを筆に変えて」

2011年02月15日号

会期:2011/01/22~2011/02/12

FARM the salon for art,Tokyo[東京都]

六本木の芋洗坂を歩いてると、なにか展覧会をやってるのでのぞいてみる。縦長のキャンバスにボクシングのグローブと目がシルクスクリーンで刷られ、さまざまな色が塗られている。要するにウォーホルの絵画技法と同じ。色彩感覚は悪くないが、どこか素人っぽさを残している。作者はだれだろう、鬼塚勝也? 聞いたことあるなあ、まさかあの、元ボクサーの? 帰ってネットで調べてみたら、まさかの鬼塚でした。これは驚き。すべて自分でつくっているのかどうかわからないけど、かつてセコンドを務めた片岡鶴太郎の絵よりはるかにイイ。

2011/01/27(木)(村田真)

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ