2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

朝海陽子「sight」/「Conversations」

2011年02月15日号

「sight」AKAAKA[東京都]2011年1月15日~2月19日
「Conversations」無人島プロダクション[東京都]2011年1月15日~2月26日

赤々舎から写真集としても刊行された朝海陽子の「sight」は、見ていてさまざまな楽しみを味わわせてくれるシリーズだ。写真に写っているのは、部屋の中で何かを熱心に見つめている人たち。年齢も人種もさまざまで、ひとりの場合もグループになっていることもある。いったい彼らは何を見ているのかという謎解きは、タイトル(キャプション)によって明らかにされる。『バンビ』『エデンの東』『勝手にしやがれ』『三丁目の夕日』……。要するに彼らはホームビデオでお気に入りの映画を鑑賞中なのだ。何ごとかに没入している人(なかにはそうでもない人もいるが)の姿をそっと覗き見るのは、なかなかスリリングな行為だ。それとともに,そこに写っている人たちの出自やライフスタイルを、インテリアや服装から想像していく楽しみもある。東京や横浜だけでなく、ベルリン、ウィーン、ロンドン、ソウル、ニューヨーク、ロサンゼルスなど6カ国9都市で撮影されているので、比較文化論的な分析の対象にもなりうるだろう。
この完成度の高いシリーズと比較すると、無人島プロダクションで展示されている新作「Conversations」は、まだ発展途上という印象を受けた。こちらはいろいろな研究にたずさわる若い科学者たちを、彼らのラボラトリーで撮影しているのだが、写真から見えてくる情報が均質なのでどうしても似通って見えてしまうのだ。そのことを踏まえて、朝海は自分自身の旅の経験と彼らとの会話から展開するイメージをつなげていく組写真も試みている。こちらはかなり面白くなりそうだが、まだ数が少なく試行錯誤中のようだ。「sight」のようにコンセプトと内容がしっかりと固まってくるまでには、もう少し時間がかかるのではないだろうか。

2011/01/21(金)(飯沢耕太郎)

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ