2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

八束はじめ『メタボリズム・ネクサス』

2011年07月15日号

発行日:2011年4月23日

これは労作である。狙いも明快だ。突然変異ではなく、戦時下からの国家の歴史を背負い、メタボリズムが登場したことを位置づけている。建築論は個人の作品と思想に偏りがちだが、八束はじめは政治家や官僚の関わる都市計画・国土計画という社会的な問題と見事に接合させながら、大きな物語として20世紀半ばの日本建築史を描く。

2011/06/13(月)(五十嵐太郎)

2011年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ