2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

「隠喩としての宇宙」展──The Cosmos as Metaphor

2012年08月15日号

会期:2012/07/20~2012/09/01

タカ・イシイギャラリー京都[京都府]

「隠喩としての宇宙」展の第一会場、タカ・イシイギャラリーには、木村友紀、土屋信子、ビョーン・ダーレム(Bj rn Dahlem)、平田晃久、前田征紀、矢津吉隆の作品が展示されている。回転する円盤上のLEDの光が錯視で歪んで見える矢津の《Anarog Universe》は能面と組み合わせられた作品でまた存在感が強い。視覚や意識、脳、宇宙と言葉の連想が巡った。木材と鉄、ライトなどを用いたビョーン・ダーレムの小さなオブジェはその名も《宇宙》。木村友紀の二脚の椅子を配置したインスタレーション《11》もだが、こちらの会場は見るものから見えない世界へと想像が広がっていくような作品が多くまた楽しい。



左上=木村友紀《11》(左)、ビョーン・ダーレム《宇宙》(右)
右上=木村友紀《11》(左)、前田征紀《Elemental/ Receptor》(右)
下=会場風景(タカ・イシイギャラリー京都)

2012/07/26(木)(酒井千穂)

2012年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ