2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

野村次郎「峠」

2011年03月15日号

会期:2011/02/20~2011/03/01

M2 gallery[東京都]

怖い写真だ。会場にいるうちに、背筋が寒くなって逃げ出したくなった。被写体になっているのは、とりたてて特徴のない道の光景である。作者の野村次郎が展覧会のチラシにこんなコメントを寄せている。
「ある日ふと、立ち入り禁止の林道をのぞいてみたくなった。その先になにがあるかわからないが、とにかく気になって分け入った。足をとられないよう、ゆっくりとバイクを走らせる。長い悪路の砂利道を登りきり尾根に入ると、乾いた空が美しい山肌を照らしていた。そのときはじめてシャッターを切った。剥き出しの山肌の美しさを、ただ淡々とカメラにおさめていく。自分だけの秘密にしておきたい場所。この道がいつかコンクリートになるかと思うと残念だ」
この文章にある通りの「淡々と」した写真が並ぶ。だが、やはり怖い。落石除けのコンクリートや枯れ草に覆われ、時には岩が剥き出しになった崖、その向こうに道がカーブしていく。時折ガードレールに切れ目があり、その先は何もない空間だ。それらを眺めているうちに、なぜかバイクごと崖に身を躍らせるような不吉な想像を巡らせてしまう。そこはやはり「立ち入り禁止の林道」であり、写真家はすでに結界を踏み越えてしまったのではないか。
野村次郎は2009年にこれらの写真を含む「遠い眼」でビジュアルアーツフォトアワードを受賞している(同名の写真集も刊行)。その時も強く感じたのだが、この写真家の眼差しには、現実世界に二重映しに異界の気配を呼ぶ込むところがあるのではないだろうか。

2011/02/27(日)(飯沢耕太郎)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ