2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

カントリーエレベーター──三野優子 写真展

2011年03月15日号

会期:2011/02/01~2011/02/06

アートスペース虹[京都府]

田んぼが続く道を走っていると、ときどき見かける巨大なサイロ(?)。それが稲刈り後の“もみ”を乾燥させて保管貯蔵する施設であるのは知っていたのだが、のどかな風景のなかにそびえ立ち、やや違和感を覚えるその建物が「カントリーエレベーター」という名だとは、恥ずかしいがここで初めて知った。その外観や施設内部、機械の一部を写した写真は「ありのままの様子をできるだけ淡々と取りたかった」と本人が言うように、ただ記録として撮影したものや教材写真のように素っ気なく、テクニックもまだまだ勉強中という印象。そのため、写真自体に魅了されるようなポイントを見つけることは難しいのだが、赤い屋根の小屋(?)が巨大なサイロの上にポンと載っているその異様な外観や、サイロに記されたコマーシャルの書体がかわいらしく興味をもったと話す三野の、最初の違和感やその風景を発見した喜びがなんだか初々しく新鮮で、「カントリーエレベーター」とともに印象に残った。

2011/02/06(日)(酒井千穂)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ