2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

牡丹靖佳「馬鹿レチェと恐れミエドの会話」

2011年03月15日号

会期:2011/01/09~2011/02/05

ART COURT Gallery[大阪府]

同会場での寄神くり展と同時開催の個展。個展タイトルにまず惹かれて期待も膨らんだ。解説によると、“ある二人の狂言回しによって展開する物語をベース”としているのだそう。展示はおもに油彩や鉛筆を用いた絵画や半立体の作品など。描かれた風景や鳥のモチーフ、それぞれのマチエールや手法が少しずつ連関し、全体でひとつの物語を展開する舞台装置のようなインスタレーションだ。そこに登場人物はおらず、具体的なストーリーを想像するのは難しいが、モチーフの線が曖昧になり、図と地がつながり、キャンバスの枠を出て現実空間に連続するように広がる風景のイメージが、断片的に記憶に残る夢の一場面のようでもあり意識が引き摺られる。かと思えば、その展示の途中に、バスケットボールのゴールをモチーフにした寄神の《trap》というユーモラスな作品シリーズが設置されていて、急にまったく違う次元へとチャンネルが変わり遮断されるような感覚にも。しかしかえってそれが定まらない雰囲気のあるこの人の表現のもち味を際立せるようで面白くもあった。

2011/02/05(土)(酒井千穂)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ