2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

MESH環境デザインセミナー第78回「建築とインテリアの関係性について」

2011年03月15日号

会期:2011/02/11

東桜会館[名古屋]

1998年に名古屋で始まり、もう70回以上も開催しているMESH環境デザインセミナーに呼ばれた。そこで「建築とインテリアの関係性について」と題して、最近、飯島直樹や森田恭通の論考を書いたので、これをベースとしながら、二つの分野の類似と差異について語った。その後、第二部として、加藤和雄、堀越哲美、村上心らとともに鼎談を行なった。ゼロ年代において、若手建築家がすぐれたインテリアデザインを発表するようになったことは、インテリアの業界にとっても無視できないらしい。基本的にはインテリア関係の講師を招くが、建築家もときどきレクチャーしていたという。しかしながら、建築とインテリアの関係を議論したのは初めてらしい。実際、講演の準備をしながら、改めてインテリアデザインの現代史を知るための基本的な文献、あるいは情報がほとんどないことに気づいた。業界人にとっては常識のことも、部外者にはアクセスできる文字情報になっておらず、きわめて参入障壁が高いのである。もっとも、内田繁がこうした本を準備しているときく。建築とインテリアを横断する議論が本格的に開始されるのは、これからだろう。

2011/02/11(金)(五十嵐太郎)

2011年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ